So-net無料ブログ作成

40匹のうさぎと王女 後編 [兎雑学・民話]

皆様、お待たせいたしました。
後編でございます。期待していただけたほどの物になっているかどうか・・・。
少々長いですが、ゆるり、とお楽しみいただければと思います。

40匹のうさぎと王女

翌日、少年がうさぎたちを行進させて森から出て行くと、その後を付けていく人影がありました。
少年が森の中の広場でうさぎたちに軍隊の訓練を始めると、その人影が少年に近づき
「訓練をするこのうさぎたちは誰のものですか?」そう尋ねました。
 羊飼いの少年はその人物を、変装した王様だとすぐに見破りましたが、気づかない振りをして答えます。
「王のものです。」
全く気づかれていないと思い込んでいる王は「一匹売ってください。」と、持ちかけました。
「ダメです。これは売り物ではないんです。お金を必要としていませんから。」
「お金が必要ではない?では、何が必要ですか?」
 少年は、王だと見破っているので、王ができなそうな事を提案して早々に追い払おうと考えました。
「あの軍曹の尻尾の下の泥に口づけして下さい。そうしたら一匹差し上げましょう。」
泥隊長1.jpg
 しかし、見破られていないと思い込んでいる王はあっさりと泥にくちづけをしていまいます。今さら、あげませんとはいえない少年は、うさぎを一匹差し出し、王は意気揚々とうさぎを抱えて帰りました。
 王の姿が見えなくなると、少年は考えました。「さて、どうしたらいいんだろう・・・」
俯くと首にかかった笛が目に入ります。
「この笛がまた私を助けてくれるだろうか?」少年は笛を吹いて見ました。
 すると、王に抱えられていたうさぎがその腕の中からピョンっと飛び出し、一目散に少年の元に駆け戻ったです。
逃げる1.jpg
 手ぶらで王宮に帰るしかなかった王は、まさかうさぎに逃げられたとは言えなかったので「あの羊飼いの小僧は、わしに売るのを断りやがった」と、ウソの報告をしました。
 これを聞いた王妃は「明日私が行ってきます。女性が頼めば、一匹くらい売ってくれるでしょう」そう言って翌日馬車で森へ向かいました。
 少年の所へたどり着いた王妃が「うさぎを一匹売ってくれませんか?」そう頼むと、
「どれも売ることは出来ないのです。でも、あの小隊長のお尻の下の泥に口づけしていただければ、一匹差し上げますよ。」少年が答えました。
泥隊長2.jpg
 王妃は、立場上そんな事は出来ないが、正体がばれていないのと、娘をこんな貧乏人に嫁がせる事がとても嫌だったので、しぶしぶ泥に口づけした。
「さあ、一匹くださいな。」王妃が手を差し出すと、少年が首を振った。
「あのうさぎは小隊長なのです。彼に敬意を表してもっとちゃんと口づけしていただかなくては困ります。」王妃がしぶしぶその場所にしっかり口づけすると、少年は言いました。
「どのうさぎが欲しいのですか?」
「あなたがこれだと思うものを・・・」
王妃が答えると少年はうさぎたちを集めました。
集合.jpg
「ご自分でお選び下さい。」
王妃は一匹つかみあげようとしたが、そのとたんうさぎたちは逃げ惑い、捕まえる事が出来ません。それを見た少年は一匹のうさぎに「ここへおいで」と命令しました。
呼ばれてやってくる.jpg
するとうさぎはおとなしく王妃の下へやって来たので、やっと捕まえることができました。
捕まえる王妃.jpg
 馬車に乗り込むと、王妃は御者に命じました。「出来るだけ早くお城へ帰ってちょうだい。あの少年の気が変わるといけないから。」
 王妃の心配をよそに御者はのんびり「塩を、うさぎの尻尾に振りかけたらいいですよ。そうしたら逃げ出したり出来なくなりますから。」と言いました。
「塩なんて持ってないわ、とにかく急いで」王妃がせかしたので、ようやく馬車がスピードをあげた時、少年が笛を吹きました。するとうさぎは、しっかり抱えていた王妃の腕から抜け出し、少年の下へ駆けていきました。
 王妃は呆然と座っているしかありませんでした。馬車が王宮に着くと彼女も嘘をつくしかありませんでした。「少年は一匹も売ろうとしませんでしたし、手放そうともしませんでした。」と。
 その夜、王と王妃は家来達も交えて協議をし、王女を行かせる事にしました。少年は彼女との結婚を望んでいるのだから、王女が頼めば間違いなく一匹くれるだろうとおもったのです。
 翌朝、王女は食べ物が入ったバスケットと、少年をほろ酔いにさせる為のブランデーを持って森に向かいました。ポケットには、王妃が持たせた、うさぎの尻尾へ振り掛ける為の塩の瓶も入っています。
 王妃は少年の元へたどり着くと「あなたの為に、食べ物とブランデーを持ってきたわ。ちょっと休憩して召し上がらない?」そう誘いました。
 少年は、食べ物と少々のブランデーを口にし、二人はしばらく同じ時を過ごしました。
 王女は帰りぎわ、少年に頼みました。
「このかわいらしいうさぎさんを一匹私にいただければ嬉しいのだけど・・・王宮で遊ぶ友達が欲しいの。」
 それを聞いた少年は言いました。
「あなたに一匹差し上げれば、分隊長が悲しがるでしょう・・・でも、あなたが彼の為に彼の尻尾の下の土に三度口づけしてくだされば、彼も嫌だとは言わないでしょう。」
泥隊長3.jpg
 王妃は考えました。うさぎを連れて帰ることが出来れば、少年は処刑されてしまうのですから、そんな事をしても誰にも知られる事はない。泥に口づけするのは嫌だけど、こんな貧乏な少年と結婚する方がもっと嫌だ、と。
 王妃が分隊長の尻尾の下に三度口づけすると、少年は彼女にうさぎを一匹渡しました。
 馬車に乗り込むと、王女は御者をせかして猛スピードで馬車を走らせながら、ポケットの中の塩の瓶を取り出しました。
塩振る.jpg
 彼女がまさに尻尾に塩を振りかけようとした時、少年が笛を吹いたので、うさぎは彼女の腕の中から飛び出して、主人の元へ帰っていってしまいました。
逃げる2.jpg
 「まあ、なんと言う事でしょう」王女は呟きました。「あのうさぎの尻尾の下の泥に三度も口づけしたのに・・・なんて言い訳をしたらいいの?」
 王宮にもどった王女は、少年がうさぎをくれようとしなかったと嘘をつきました。皆が彼女に同情しましたが、王と王妃だけは何が起こったのか想像しました。
 王と家来達は、焦りました。明日は約束の5日目です。このままでは王女を嫁がせなければなりません。

 翌日の夕方、少年が帰ってくるのを出迎えた家来は
「このテストは合格だ。だが、王女と結婚するにはもう一つテストがある。」
そう言って少年を王宮で開かれている宴会の場へ連れて行きました。
 少年が連れてこられたのを見た王は、少年をステージの上に呼び寄せ、客人たちに言いました。
「ご列席の紳士・淑女諸君! 王女と結婚する前の最後のテストとして、ここに立っている羊飼いの少年はこの袋を言葉でいっぱいにする。もしできなければ、少年のを処刑する。」
少年は袋の巾を覗き込み、客人たちを見まわし、そして呟きました。「どうやって袋に言葉を詰め込めばいいんだ?」
少年は客人たちの方に向くと「皆さんがたはこの袋を言葉でいっぱいにしてほしいというわけですね。それでは、言葉をこの中に入れましょう。」そう言い、大きな声で袋の中に語りだしました。
 「わたしは思っていました……王さまは立派な方であり、約束を守られる方である、と。わたしは王女さまの指から指輪をはずしましたが、王女さまを手に入れたでしょうか?いや、いや、手にはしなかったのです。四〇匹のうさぎを与えられ、一匹でも失えば、死んでもらうと脅されました。そこでうさぎたちの世話をしました。命令どおりにしました。では、王さまは約束を守られたでしょうか? とんでもない。王さまは、森の中のわたしの所にやって来られると、うさぎを一匹買いたいと………」
 ここで羊飼いの少年は、少し間をおくと、王に向かって言いました。「王さま、この袋の中をご覧いただけますでしょうか? まだいっぱいはなっていませんか?」
 王がいらいらしながら前に進み出てきたので、少年は話をつづけました。「王さまがうさぎを買いたいと、そこまでお話をいたしました。そこでわたしは王さまに、うさぎをお売りすることはできないと申しました。もしうさぎがほしければ」
 「やめろ!」と王が怒鳴りました。「やめろ!袋はいっぱいに詰まった。もう十分すぎるほど言葉でいっぱいだ。」
そして王は結婚の許可を与えました。、
しかし、少年は王を倒し、王に代わってその国を立派に治めたのです。

 さあ、わたしの語る言葉はもうこれで十分です。



参考文献
イディッシュの民話
ビアトリス・S・ヴァインライヒ 著
青土社 発行

いかがでしたか?
けっこう突っ込みどころ満載の後半です。
長くなるのでもう一つ分ける事を考えたのですが、ラストはまったくうさぎが出てこないので・・・。

長丁場、お付き合いいただいてありがとうございました。







にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村
タグ:うさぎ 民話
nice!(195)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 195

コメント 38

ともちん

とても楽しく読ませて頂きました。
めでたしめでたし、でなくて意外でしたが
こういう終り方もさっぱりしていていいですね♪
by ともちん (2010-09-05 03:56) 

mimimomo

おはようございます^^
ほんと、面白かったです!
何より国が立派に治められたことが良いですよね~
人間正直でなくちゃ^^
by mimimomo (2010-09-05 04:41) 

nmzk

自分のために、相手と契約をするだけでなくそれを守らせて繁栄するという、民族のアイデンティティを感じて面白かったです(^O^)/

うさぎさんはどうなったのかなぁ(^_^;)
by nmzk (2010-09-05 06:57) 

YUTAじい

おはようございます。
月並みなコメントですが、良かったです。
by YUTAじい (2010-09-05 07:33) 

ゆうこ

民話って「ん?」っていうエンディングがよくありますよね
正直が一番です^^
うさぎちゃんのその後が気になります
by ゆうこ (2010-09-05 08:23) 

green_blue_sky

民話とは面白いですね。

ねこたち空腹なものと、暑さで食欲不振の2種類に分かれています・・
by green_blue_sky (2010-09-05 09:15) 

タッジーマッジー

塩って兎に必須のものなのかな?
と思って調べてしまいました。で、よくわからず。
この国は栄えたかも知れないけど、
この少年は幸せだったんだろうか、って考えちゃいました。
by タッジーマッジー (2010-09-05 09:43) 

ぷりん&りく

読ませてもらったでし~~♪♪
でも、、なんで、尻尾に塩?!!あの泥って、、う○こやないんでしか?!
塩ふったらでてくるんでしか~~?!!
でも、、こんだけの長い文章、、、すごいでし☆
お疲れしゃまでし~~!!
この後、、王になった少年の話もみたいでしけど。。。私だけでしょか~

by ぷりん&りく (2010-09-05 14:07) 

モルディブTシャツ

こんにちは。
結構想像できて、はらはらしながら読み進めました。

一休さんぽい、トンチ合戦のようで面白かったです。

by モルディブTシャツ (2010-09-05 16:33) 

carotte

尻尾に塩を振りかけると、ほんとにウサギって逃げなくなるんだろか?なんて考えたりしてます。^^;
与えられたカードをうまく使った方が勝負に勝つ!って感じですね。
by carotte (2010-09-05 17:43) 

nimama

とっても興味深いお話でした。
王様との知恵比べみたいにもなってるんですね。
王となった少年は、その後もうさぎさん大切にしてくれたかな・・・。
らぶりぃくんとお話もあってて、可愛かったです。
by nimama (2010-09-05 17:58) 

rabbitnose

ともちん さん
意外などんでん返しですよね~。でも、私もめでたしめでたしよりこっちの終わりの方が好きです。

mimimomo さん
正直者が勝つ!小気味いい話です。

nmzk さん
民話を読む時、時代や民族のバックグラウンドを考えながら読むとより一層面白いですよね。
うさぎのその後については一切触れられていないのですが、きっと立派に城の警備とかしたと勝手に想像して楽しんでいます。
by rabbitnose (2010-09-05 18:09) 

MISA

☆こんばんわ☆

楽しく読ませていただきました♪
by MISA (2010-09-05 20:32) 

sunset

こんばんは。
面白いお話でした。
もっとめでたしめでたしという感じになるかと
思ったらそうでもなかったんですね。
by sunset (2010-09-05 21:14) 

rabbitnose

YUTAじい さん
純粋に楽しんでいただけるのが一番です。

ゆうこ さん
民話は我々には理解不能な話が沢山あります。でも、その理解不能な所が面白かったりするんですよね。うさぎのその後はかかれていませんが、色々勝手に想像して楽しんでます。そのうち、画像作ってアップしようかな~。

green_blue_sky さん
民話…摩訶不思議面白世界です。食欲が落ちているにゃんこ達心配ですね。
by rabbitnose (2010-09-05 21:19) 

rabbitnose

タッジーマッジー さん
塩ね~。なぞなんですよね~。この地方の他の民話にものってるの見つけられなくて…。判明したらお知らせします。
少年の幸せ…考えさせられますよね.

ぷりん&りく さん
う○こに見えてしまいましたか…若干そうかな~と思いつつ、スルーしてたんですが…。
あと、王になった少年の物語を読みたいと言ったのは今のところ、あなた一人です(笑)

モルディブTシャツ さん
トンチ合戦的な話は民話に多いんですが…一休さん!もう私の中の映像は少年が一休さんになってしまいました(笑)

carotte さん
うさぎのしっぽにしおを振りかけても、なんの変化もありませんでした…らぶりぃで実験済みですw
by rabbitnose (2010-09-05 21:35) 

rabbitnose

nimama さん
うさぎ大事にしてくれたと信じていますw
らぶりぃの画像も楽しんでいただけたみたいで嬉しいです。

MISA さん
楽しんでいただけるのが一番嬉しいですです。ありがとうございます。

sunset さん
民話には、めでたしめでたし。で終わる話はほとんどないんです。私も調べていて意外でした。
by rabbitnose (2010-09-05 21:40) 

ぶちょぉ

写真のうさぎちゃんは実際に飼われているんですか?
かわいいですね。
また、素敵なお話楽しみです。
by ぶちょぉ (2010-09-05 22:33) 

JUNJUN

すっかり引き込まれちゃいましたよ(笑)。
王様の理不尽さが昔話らしくて。
キャストのウサギさんも、お疲れ様でした~。

ただ、これはハッピーエンドといっていいのでしょうか?
王女と少年が相思相愛ならハッピーエンドですが、王女は少年を愛してはいなかったし・・・・・・。
そのへんがちょっと、ひっかります。
by JUNJUN (2010-09-05 22:46) 

marimo

うさぎさん達はその後どうしたかが気がかりです。
少年のそばで暮らしたのでしょうか。
(^^ 

by marimo (2010-09-05 22:46) 

YUTAじい

こんばんは。
コメント、nice! ありがとうございます。
楽しく、拝見(読書)させてもらいました、お願いします。
by YUTAじい (2010-09-05 22:49) 

Ja-Kou66

楽しく読まさせていただきました(^ ^)
結局、その少年は王子ではなく「王」になったのですね。
しかし、(自分からお題を出しておいて)この王家の面々は
ダメダメな人たちばかりでしたね(^ ^;
by Ja-Kou66 (2010-09-06 00:09) 

うさぽん

はじめまして!
お友達のhttp://bonjour-konogoro.blog.so-net.ne.jp/
さんからの紹介で飛んできました!
うちの兎も不細工加減では負けておりません!
一緒に買っている亀のほうが可愛いかもしれない。。。。かも
又遊びにまいりますね!
by うさぽん (2010-09-06 00:38) 

わた

え〜〜〜っ。うさぎさんはどうなったんでしょうかぁ。
とか、色々つっこんだり、よからぬ想像も出来てとっても楽しく読ませていただきました。
ありがとうございました。
by わた (2010-09-06 00:56) 

小藍

面白かったです^^
童話って大人が読んでも考えさせられるものがたくさんありますよね~

by 小藍 (2010-09-06 09:58) 

クレー

チョー 面白かったです 
子供のころ 色々な物語を読んでドキドキしたり
感動した時の気持ちを思い出しました
by クレー (2010-09-06 15:44) 

なみ

色々な民話があるんですね~
ウサギの口が割れているわけも面白かったです。
尻尾に塩が気になります。
実験済みだそうで...
ナメクジのように溶けなくて良かった(笑)
by なみ (2010-09-06 22:06) 

よいこ

なるほど~
王様の耳はロバの耳みたいなエッセンスも入っていて、珍しいお話ですね。
by よいこ (2010-09-07 09:34) 

ぴーさん

最後はどうなることかとドキドキしました。
とても面白かったです。
なぜしっぽに塩だったのでしょう?
by ぴーさん (2010-09-07 12:40) 

☆ササエ☆

欲深い愚か者は地位があっても負ける。
今の政治家に聞かせたいものです。
為になりました。
by ☆ササエ☆ (2010-09-07 17:14) 

rabbitnose

ぶちょぉ さん
写真のうさぎは我が愛うさぎらぶりぃです。今後ともよろしくお願いいたします。

JUNJUN さん
そうかぁ~。私は勝手に王一族を追い出したって思い込んでいました。
受け取りかたは人それぞれですね。

marimo さん
そこは、各自想像して楽しみましょう~。私の想像はうさぎが城の警備にあたっている・・・とか?

YUTAじい さん
楽しんでいただけて光栄です。

Ja-Kou66 さん
王家の面々、なかなか良いキャラですよね~ダメダメなところがw

うさぽん さん
わざわざありがとうございます。
こちらもブサカワを拝みにいかせていただきます。

わた さん
突っ込み・・・大量にできますよね~。そこを楽しんでいただけて嬉しいです。

小藍 さん
実は、民話のたぐいは大人になってから読んだほうが面白い!と思っている今日この頃です。
by rabbitnose (2010-09-09 01:12) 

rabbitnose

クレー さん
子供の頃の気持ちを思い出していただくきっかけになれて嬉しいです。

なみ さん
実験は後始末が大変でした・・・らぶりぃ嫌がって塩ばら撒いてしまったので。

よいこ さん
王様の耳はロバの耳・・・むむむ。どんな話か細部が思い出せない!童話って意外と忘れてますね。

ぴーさん さん
しっぽに塩の謎は、深いです。

☆ササエ☆ さん
ほんとに、今の政治家は・・・・


by rabbitnose (2010-09-09 01:19) 

うさこ

5枚目と7枚目・・かけよってくるのとこちらを見ているお写真・・
とってもラブリーですぅ♡ 
by うさこ (2010-09-09 14:41) 

NsHome

こんばんは。
大作でしたね。読むのに3日もかかっちゃいました。<笑>
王様たちの気持ちもわかる歳になって、素直に楽しめなくなった自分が悲しいです。^^;)
by NsHome (2010-09-09 23:24) 

youzi

外見だけで判断してはダメですね。
しっかりした考えの人が王になって、
この国は平和になったのだろうなって思いました。
by youzi (2010-09-11 21:08) 

あんず-M

とても面白く読ませていただきました。これだけの作品を書かれてお写真もつけてくださるとは、とても大変だったのではないでしょうか。素晴らしいです。^^ありがとうございました。m(_ _)m
by あんず-M (2010-09-11 23:13) 

rabbitnose

うさこ さん
お褒めの言葉ありがとうございます。
お気に入りの写真あんです。

NsHome さん
素直に楽しめなくなった分、味わいが深くなった気がしませんか・・・
といって自分を慰めています(爆)

youzi さん
平和になった国で、うさぎが平和に暮らす・・・(妄想)

あんず-M さん
長くなりすぎて、読んでいただけるか少し不安だったのです。
そう言っていただけてほっとしております。
ありがとうございます。

by rabbitnose (2010-09-13 01:08) 

foo

写真といいすごい大作ですね。
子供に聞かせたい話ですね。
うそをついてはいけないですしね(^^)
by foo (2010-09-15 17:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。